業務スーパーの「焼豚フレーク」五香紛を使った本格派。中華料理店の味に寄せるのにぴったり

業務スーパー焼豚そぼろ

焼豚フレーク160g |158円(税込)
※2021年1月購入

業務スーパーの「焼豚フレーク」知ってる?!

中国料理に欠かせない五香紛を使った焼豚のそぼろ。たっぷり大容量の160g入りです。粒感はしっかりとして存在感あり。風味がいいので、ラーメンや青菜と合わせて使うと本格中華が手軽にできちゃいます。

スポンサーリンク

業務スーパー 焼豚フレーク

業務スーパーで買える焼豚フレークは、国内自社関連工場で製造加工された瓶入り商品。中国のミックススパイスを使ったチャーシューのフレークが160g入っています。

業務スーパー焼豚フレークの中身

カロリーは100gあたり205kcal(脂質6.1g、炭水化物21.2g)です。

焼豚フレークはシリーズ商品のひとつです。

業務スーパーフレーク・そぼろのシリーズ

※2021年1月~2月に購入

焼豚フレークの特徴

業務スーパーの焼豚フレークは、国内製造品です。業務スーパーを運営する(株)神戸物産のグループ会社、宮城製粉株式会社の工場で製造されています。

具材の豚肉は、アメリカ産又はカナダ産を使用。原材料にある名称は「そうざい」となっており、おかずとして食べられるくらいの存在感が期待できそうです。

業務スーパー焼豚フレークの中身

調味料に、中国料理に欠かせない五香紛(ウーシャンフェン)が使われています。五香紛は一般的にスターアニス(八角茴香)、山椒、花椒(ホアジャオ)、シナモン、クローブ、フェンネルの種などが使われますが、必ずしも5種類とは限らないという。

焼豚フレークの原材料には、香辛料と記載されているのみ。何が使われているかは風味で確認となりますね。

味・感想

業務スーパー焼豚フレークの中身

豚肉の粒感はしっかりとして、存在感があります。

風味は、中華料理店を思わせる本格的なモノで、子どもが好むような焼豚風味ではありません。そのため大人用として使った方がいいと思います。そっと添えるだけ、絡めるだけで、一気に本格中華に近づくので調味料のような使い方ができます。

ラーメンや青菜など中華料理店に出てくるような食材と合わせたほうが、より美味しく食べられると思います。

業務スーパーで販売しているフレーク類の中でもかなり個性的が光る商品。五香紛が好きな人や本格中華の味を手軽に取り入れたい場合におすすめです。

おすすめ度:★★☆☆☆

価格・値段

焼豚フレーク160g |158円(税込)
※2021年1月購入

賞味期限・日持ち

購入時で約3か月間ありました。

カロリー・栄養成分表示

焼豚フレークのカロリーと栄養成分表示はこちらです。

焼き豚フレークの栄養成分表示(推定値)100g当たり
エネルギー 205kcal
たんぱく質 16.3g
脂質 6.1g
炭水化物 21.2g
食塩相当量 2.8g

原材料・保存方法

■名称:そうざい■原材料:豚肉(アメリカ産又はカナダ産(5%未))、粒状大豆たん白、しょうゆ、砂糖、長ねぎ、たまねぎ、焼き豚調味料、辣醤、香辛料、たん白加水分解物/甘味料(ソルビットール)、調味料(アミノ酸)、着色料(カラメル、紅麹、ラック)、酸味料、安定剤(キサンタン)、香料、(一部に小麦・大豆・鶏肉・ごまを含む)■内容量:160g■保存方法:直射日光、高温多湿を避けて常温で保存■製造者:宮城製粉株式会社■発売元:株式会社神戸物産

業務スーパー焼豚そぼろ原材料