業務スーパーのオリーブポマスオイル「Beirão olive Pamace Oil」使い方・特徴を紹介

業務スーパーオリーブパモスオイル

Beirão olive Pamace Oil|198円(税込)
※2021年3月購入

業務スーパーの「Beirão olive Pamace Oil」知ってる?!

ポルトガル直輸入の食用オリーブ油「ポマスオイル」です。非常に安価なオリーブ油なので、普段使いの料理にたっぷり使えます。特に揚げ物におすすめのオイル!特徴を把握して上手に使いましょう。

スポンサーリンク

業務スーパー Beirão olive Pamace Oil

業務スーパーで買えるBeirão olive Pamace Oil(ベイラン オリーブポマスオイル)は、ポルトガルからの直輸入品。内容量は458g(500ml)です。

業務スーパーオリーブパモスオイルの色

オリーブポマスオイルは、一度絞ったオリーブオイルを更に絞り出したオイル。オリーブの果実から搾取されたオイルとは異なるため、価格がグッと安くなります。

業務スーパーオリーブパモスオイル

一般的にポマスオイルには、ヴァージン・オリーブ・オイルがブレンドされていて、この商品はエキストラヴァージンオリーブオイルが15%配合されています。

オリーブポマスオイルとは

ポマスオイルの”ポマス”とは、オリーブオイルを製造する際にでる搾りかすのこと。ポマスオイルは、ポナスを溶剤抽出などの手法で得られたオイルになります。

オリーブオイルの規格を設けている機関、国際オリーブ協会International Olive Council(IOC) では、オリーブオイルを次のように定義しています。

”オリーブ樹の果肉のみから採油されたものだけ”

つまりIOCの規格では、オリーブポマスオイルを食用としていません。そのため、IOCに加盟している国ではオリーブポマスオイルをおおむね工業用として使います。(※精製して酸度0.3%未満で食用油として販売可能)

業務スーパーオリーブパモスオイル

この点から、オリーブポマスオイルは食用じゃない?!と思ってしまいますが、食用として販売するかどうかは、各国の基準に寄るもの。日本ではJAS(日本農林規格)の基準をクリアすれば食用オリーブオイルとして販売できます。

JA規格にオリーブオイルの分類は、以下の2つです。

  • オリーブ油:オリーブ特有の香味を有し、おおむね清澄であること
  • 精製オリーブ油:おおむね清澄で香味良好であること

酸価・酸度の条件を満たすことが食用オリーブオイルの条件となっています。

参考:日本オリーブオイル協会 https://japan-olive.or.jp/

味・感想

業務スーパーオリーブパモスオイルを注ぐ

ポマスオイルは透明なグリーン色。透明感があり、さらりとしています。香りはありませんでした。

一般的なオリーブオイルとポマスオイルを比べると、香りの差が特に大きかったです。食べなれたオリーブオイルとは別物と捉えた方がよさそうだと感じました。

揚げ物用に最適な理由

ラベルに”揚げ物にぴったり”とあるように、揚げ物用として使うのに最適です。

一般的なオリーブオイルを揚げ物用オイルに使うと、香りが強く出てしまいコスト的にも、非常に負担が大きくなっています。香りが浅くコストが安いポマスオイルは非常に使いやすいです。

ポマスオイルで冷凍スイーツ「CHURROS(チューロス)」を調理しました。油をたっぷり使えて調理がしやすかったです。

業務スーパーオリーブパモスオイルを使った様子

揚げ物用に最適な理由

1本500mlで天ぷらオリーブオイルの栄養価を十分に摂る意味では、別のオリーブオイルを選択するといいと思いますが、揚げ物に使うにはコスパ、そして使いやすいサイズなので酸化も抑えられると思います。

おすすめ度:★★★☆☆

価格・値段

Beirão olive Pamace Oil|198円(税込)
※2021年3月購入

賞味期限・日持ち

購入時で約1年ありました。

カロリー・栄養成分表示

Beirão olive Pamace Oilのカロリーと栄養成分表示はこちらです。

栄養成分表示(推定値)100g当たり
エネルギー 900kcal
たんぱく質 0g
脂質 100.0g
炭水化物 0g
食塩相当量 0g

原材料・保存方法・原産国名

業務スーパーオリーブパモスオイル成分表示カロリー

■名称:食用オリーブ油■原材料名:食用オリーブ油■内容量:458g■保存方法:直射日光、高温多湿を避けて常温で保存■原産国名:ポルトガル